読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

信じられないミライ 訪れるはず

好きなものを好きなときに、好きなだけ

18本のバラを君に送りたい

聡ちゃん、18歳のお誕生日おめでとう!
18歳の1年はこれまで見た事のない景色をいっぱい見て、より一層ぐんと成長できる年になりますように。

f:id:liliiiy:20151128000207j:image

この1年半は、思い通りにいかないことに直面し続けて、終わりの見えない不安を感じていたことでしょう。けれど聡ちゃんはいつも笑顔で、明るく振舞っていて、私なんかよりずっと強くて。弱い弱い私はずっと悲しい気持ちでした。

もっと聡ちゃんがステージで踊る姿を見たい、聡ちゃんの歌声が聴きたい、雑誌で大きく取り上げられてほしい、聡ちゃんの言葉を吸収したい…聡ちゃんの現状に満足できなくて、もっと○○だったら、もっと○○してほしい、とワガママが募るばかりでした。

聡ちゃんがSexy Zoneであることは今までも変わりなかったけれど、でもやっぱり勝利くん・健人・風磨と同じ位置に思えないことが多くて、なんで聡マリはいないの、なんで3人でもSexy Zoneなの、と大好きなSexy Zoneから大好きだったSexy Zoneに変わりそうでした。というか、もう変わってた。

3人だけで出す新曲も聞くは聞くけど、聡マリがいないから、と買わなかったり、テレビ番組チェックしなかったり。じきに雑誌のページも飛ばしたり、ラジオも聞かなくなってた。

もしかしたら、大好きだった、に変わったんじゃなくて、大好きだったSexy Zoneに八つ当たりしてただけかもしれなくて、嫌いになろうとしてただけかもしれなくて、だんだんと距離は遠のいてしまって。少クラで聡マリを見るたび、「いつ戻るのかな〜」と、心のどこかで自然とSexy Zoneとは別枠で二人のことを見ていました。

大好きなら、ファンなら、どんな境遇にあろうと応援し続けなきゃと思ったけど、これ以上悲しい気持ちを膨らませたくなくて、目を背けてました。

カラフルEyesが5人での新曲だと発表される少し前くらいからかな?Sexy Zoneが良い方向に向かってると聞いて、もう一度熱量をかけてみようかな、と思いました。なんとも都合の良いファンです、私は。

今夏は研究室でもらった夏休み2週間の中で、バイトとガムシャラ サマーステーションと帰省の予定をやりくりして、4度も聡ちゃんに会いに行けました。
純粋に聡ちゃんに会いたいという気持ちと、いつ見れなくなるか分からないという不安な気持ちを持ってEXシアターに通っていました。

でも夏が終わってみれば、TDCホールで頑張っていた3人とEXシアターで頑張っていた2人が一緒に頑張れる環境に変わって、ほんとうに良かったし、これからもまだまだ聡ちゃんのことを見ていられると思ってホッとしました。

聡ちゃんが自ら退くという選択をしない限り、聡ちゃんのことをずっと応援できる、ステージに立ってくれると信じています。

聡ちゃん、これから先も笑顔でいてね!